リヴェッラ・セラフィー Rivella Serafinoカーゼ・バッセの紹介によって日本に輸入された生産者。それだけに期待が大きかったのだが、その期待を裏切らない実に素晴らしいワインである。
バルバレスコ不遇の時代にあってここまで素晴らしいワインがあること自体非常にうれしいこと。
ヴィンテージによっては長熟になりすぐ開いてくれないが開き始めると驚くほどの旨みを発揮し現代的なジュースのようなワインとは違うところがまたいい。
早飲みをするならまさにドルチェットのスタンダードとも言える
ドルチェット・ダルヴァを選びたい
リヴェッラ・セラフィー2 Rivella Serafinoカーゼ・バッセの紹介によって日本に輸入された生産者。それだけに期待が大きかったのだが、その期待を裏切らない実に素晴らしいワインである。
バルバレスコ不遇の時代にあってここまで素晴らしいワインがあること自体非常にうれしいこと。
ヴィンテージによっては長熟になりすぐ開いてくれないが開き始めると驚くほどの旨みを発揮し現代的なジュースのようなワインとは違うところがまたいい。
早飲みをするならまさにドルチェットのスタンダードとも言える
ドルチェット・ダルヴァを選びたい
リヴェッラ・セラフィー3 Rivella Serafinoカーゼ・バッセの紹介によって日本に輸入された生産者。それだけに期待が大きかったのだが、その期待を裏切らない実に素晴らしいワインである。
バルバレスコ不遇の時代にあってここまで素晴らしいワインがあること自体非常にうれしいこと。
ヴィンテージによっては長熟になりすぐ開いてくれないが開き始めると驚くほどの旨みを発揮し現代的なジュースのようなワインとは違うところがまたいい。
早飲みをするならまさにドルチェットのスタンダードとも言える
ドルチェット・ダルヴァを選びたい
 カーゼ・バッセの紹介によって日本に輸入された生産者。それだけに期待が大きかったのだが、その期待を裏切らない実に素晴らしいワインである。
バルバレスコ不遇の時代にあってここまで素晴らしいワインがあること自体非常にうれしいこと。
ヴィンテージによっては長熟になりすぐ開いてくれないが開き始めると驚くほどの旨みを発揮し現代的なジュースのようなワインとは違うところがまたいい。
早飲みをするならまさにドルチェットのスタンダードとも言える
ドルチェット・ダルヴァを選びたい
Barbaresco - Montestefano 2014
バルバレスコ モンテステーファノ [2014]
土壌:石灰質の泥炭土
畑の標高:270m
畑の向き:南
栽培面積 (ha):1.5ha
仕立て方法: ギュイヨー
品種(パーセンテージ):ネッビオーロ100%
平均樹齢(植樹年月日):1962年植樹
植樹密度 (本数/ha) : 4,000本/ha
収穫量(hl/ha):30hl/ha
<醸造>(共通)
選果の場所:畑の中
マセレーションの有無: あり
マセレーション期間:1ヶ月
酵母の添加有無:なし
醗酵容器: 大樽
アルコール醗酵期間(日数):1ヶ月
醗酵温度コントロールの有無:なし
熟成容器:大樽
熟成期間: 3年
濾過: なし
清澄:  なし
当キュヴェの年間生産量:8,000本/年
 
 

リヴェッラ・セラフィーとは

 
 

ドメーヌ創業年2013
 

ドメーヌ解説

現当主テオバルドの祖父ピエトロがワイナリーを創設。父セラフィーノに受け継ぎ1967年には自社でのビン詰めを始める。現在はテオバルドと妻マリアによって運営されており、畑とセラーでの仕事も収穫の時期を除いて2人で行っている。畑はバルバレスコの村のごく近くに位置し、モンテステーファノと呼ばれる急斜面に樹齢の高いネッビオーロが植わっている。加えて少しのドルチェットの畑と合わせて、畑の総面積2haほどの小さなワイナリー。
 年間を通しての畑での作業は、全てテオバルドが行う。出来の悪いブドウや伸びすぎた枝葉は時期を見て徹底的に取り除かれ、収穫期には選果の必要がほとんどない綺麗なブドウ果のみが残される。収穫期も親戚、友人の助けを借りて2人が畑でブドウを摘み、テオバルドがセラーで仕込むという少数精鋭。妻マリアによると、ブドウは収穫の前に徹底的に樹上で選果されているから、チェックする必要がほとんどないとのこと。
 写真では強面に映るテオバルドだけれどピエモンテ訛りで話すイタリア語はとても気さくで好印象。まだまだ1日中畑に立っていることもあり、肌は良く日に焼けてアスリートのような体格をしている。畑でもセラーでも粛々と徹底的に作業を行う様はまさに職人気質。セラーの設備も熟成用の大樽と醗酵用のイノックスタンクのみで、モダンな手法に振り回されない昔ながらの、熟練の技が活きたワインを造る。
 

畑について

栽培方法:認証なし
その栽培方法の開始時期:祖父ピエトロの代から
その栽培方法を適用している畑名:全て
栽培方法の将来的な展望:以降も変わらず
ヴィンテッジの特徴の特徴:
認証機関:なし
土壌:石灰質の泥炭土
微気候:地中海性気候
自社ブドウ畑面積(ha)2ha
契約ブドウ畑面積(ha):なし
自社ブドウ畑の数(ヶ所): 2
自社栽培ブドウ品種:ネッビオーロ、ドルチェット
主な仕立て方法:ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材:木
仕立ての添え木の素材:木
堆肥:有機肥料を購入
 

醸造について

酵母のタイプ:自然酵母
圧搾方式:垂直プレス
醗酵容器の素材と容量(L):ステンレスタンク
熟成容器の素材:大樽
セラー環境: 住居の半地下にあるコンクリート造りのごく小さなセラー。余計なものがなくシンプルで清潔。畑のある丘の上にある。
年間生産ボトル本数: 12,000/

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

UA-9383280-1