UA-9383280-1
Marc Bredif Marc Bredifマルク・ブレディフは、ロワール地方でいち早くシャンパーニュ製法を導入しスパークリングワインを造り、瞬く間に評判を得て銘醸ワイナリーとして有名になりました。
現在、ドザージュ・ゼロやロゼのクレマン、ヴィンテージものやペティヤンまで様々なキュヴェを手掛けています。
Marc Bredif Marc Bredifマルク・ブレディフは、ロワール地方でいち早くシャンパーニュ製法を導入しスパークリングワインを造り、瞬く間に評判を得て銘醸ワイナリーとして有名になりました。
現在、ドザージュ・ゼロやロゼのクレマン、ヴィンテージものやペティヤンまで様々なキュヴェを手掛けています。

マルク・ブレディフは、1893年にヴーヴレイのロッシュコルボン村にエルネスト・ブレディフ氏に よって創設された歴史あるメゾンです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、今までの伝統と品質の高さを引き継ぎつつ数百年の歴史あるこのメゾンに新たな活気がもたらされました。

8世紀に入ってからテュッフォーという凝灰岩を掘り起こしてつくられたカーヴは、この地域で最も 美しく 2Kmにも及ぶ広大なものです。ここで採掘された石はロワール地方に現在点在している古城の建設等に使用されました。今日のようにワインのカーヴとして使用されるようになったのは 16世紀に入ってからになります。年間を通してワインの保存に最適な湿度と温度を保つこのカーヴには、ヴィンテージワインが数多く所蔵されており、最も古いもので 1874年ヴィンテージにまで遡ることが出来ます。
Vouvray Sparkling Brut Extreme
ヴーヴレイ・スパークリング・ブリュット・エクストリーム
ブドウ品種 シュナン・ブラン 100%
密植度 1ha あたり 6,500 株
土壌 珪土質粘土質土壌
区画の位置 ヴーヴレイ村とヴェルヌー・シュール・ブレンヌ
村の両村にわたるプルミエール・コート・ドゥ・ ロワールの中で、マルク・ブレディフだけが所有 している「ヴィーニュ・ブランシェ」という最も 好条件のそろった最良の区画。
醸造 気候に恵まれた秀作年のみ醸造。ブドウは手摘みで収穫 された後、空気圧式圧搾法でプレスされる。そのときに 得られるファーストプレス果汁のみを使用して醸造。 収穫した畑ごとに、それぞれ別のタンクで醸造された ワインの中でも厳選された最良のもののみをアッサン ブランージュし、リザーヴワインを 10%添加する。 自然の温度と湿度がワインに複雑性とバランスの良さ をもたらす 1000 年もの歴史ある自社カーヴで 3 年熟成 させる。偉大なるこのワインのミネラル感、繊細さ、 ピュアでクリアな味わいをより際立たせるため、 ドザージュは一切添加していない。
特徴 特別区画「ヴィ-ニュ・ブランシェ」のブドウのみで 造る、ドザージュゼロの極辛口!気泡が細かくシャンパ -ニュに引けを取らない気品溢れる味わいです。
Vouvray Sparkling Bredif Brut 
ヴーヴレイ・スパークリング・ブレディフ・ブリュット
ブドウ品種 シュナン・ブラン 100%
土壌 “ペリューシュ”と呼ばれる粘土珪土質土壌
粘土砂利質土壌
区画の位置 Vouvray (ヴーヴレイ) / Vernou sur Brenne (ヴェルヌー・シュール・ブレンヌ)両村の兵陵
醸造 シャンパーニュ製法。手摘みまたは区画によって機械で 収穫し、空気圧による圧搾を行う。厳選された果汁のみ を 24 時間低温前清澄後、ステンレスタンクにて約 16°C で発酵させる。ルミュアージュは手作業で行い、
最低 2 年熟成させる。 ※ドザージュ:9~12g /l
特徴 洋梨や熟したカリン、トーストのような芳ばしい香り と蜜を思わせるアロマ。繊細で細かな泡が心地良く、 果実味がしっかりとしていて、余韻にシャンピニョン などの熟成香が感じられる。 果実味と旨味たっぷりのスパ-クリングワイン。

Sold Out

Vouvray 2004
ヴーヴレイ 2004
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。

Chinon Blanc 2018
シノン・ブラン 2018
ブドウ品種  シュナン・ブラン100%
土壌  粘土石灰質土壌
区画の位置  Cravant Les Coteaux(クラヴァン・レ・コトー)村に広がるCoteaux de la Vienne(コトー・ドゥ・ラ・ヴィエンヌ)
醸造  空気圧による圧搾後、フリーラン果汁のみを18~24時間前清澄を行い、18℃に保ち1ヶ月間発酵させる。発酵により生成した澱とともに6ヶ月間ステンレスタンクで熟成させる。
香り  非常に繊細でエレガントな香り。洋梨、ピーチなどの白い果肉のフルーツを思わせる香りとシェーヴルフォイユ、ぶどうの花などのフローラルな香りも感じられる。
味わい  酸味によってバランスのとれたしなやかでフレッシュな口当たり。余韻はフルーツのニュアンスとともに長く続く。
Vouvray Vigne Blanche Reserve Privee 2016
ヴーヴレイ・ヴィーニュ・ブランシュ・レゼルヴ・プリヴェ 2016
ブドウ品種  シュナン・ブラン100%
土壌  粘土石灰質土壌。何ヶ所かは“ペリューシュ”と呼ばれる粘土珪土質土壌。
区画の位置  
Vernou sur Brenne(ヴェルヌー・シュール・ブレンヌ)、Vouvray(ヴーヴレイ)両村にわたるプルミエール・コート・ドゥ・ロワールの中で、マルク・ブレディフだけが所有しているVigne Blanche(ヴィーニュ・ブランシェ)、Tabourneau(タブールノー)と呼ばれる区画
生産量  1ha当たり30hl
醸造  厳選されたフリーラン果汁のみを、3ヶ月間18℃以下で発酵後、6ヶ月間澱とともにステンレスタンクにて熟成される。
香り  最初にはっきりとしたフルーティな香りの後、ピーチやりんご、アプリコット、ミネラル香等も感じられる。
そこにやや複雑さが加わり、菩提樹の花の香り、ナツメグのようなスパイシーさも感じられる。
味わい  アタックは柔らかく、コクのある口当たり。果実味、ミネラル等の爽やかさが口中いっぱいに広がってくる。繊細で優しい味わい。

Sold Out

Vouvray Grande Annee 2002
ヴーヴレイ・グラン・アネ 2002
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。

Vouvray Grande Annee 2003
ヴーヴレイ・グラン・アネ 2003
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。
Muscadet  Sevre et Maine sur Lie Royal Oyster 2019
ミュスカデ・せーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー・ロイヤル・オイスター 2019
ブドウ品種  ムロン・ドゥ・ブルゴーニュ100% (ミュスカデ)樹齢30年以上 / 密植度1ha当たり6,000本
剪定  ギヨ・サンプル
土壌  蛇紋岩(蛇紋石からなる岩石) / 角閃岩(角閃石と斜長石を主成分とする変成岩) / 片麻岩
区画の位置  セーヴル・エ・メーヌ地区内にあるル・ランドロー (Le Landrau) 村
生産量  1ha当たり50hl
醸造  低温でゆっくりアルコール発酵させ、収穫の翌年4月に瓶詰めするまで、ステンレスタンクにて澱と共に熟成。
特徴  色調は美しい輝きのある淡いイエロー。健全で華やかなブーケ。グラニースミス(アップル)やスイカズラのような白い花のアロマに豊かなミネラル香が綺麗に調和している。爽やかで溌剌としており、非常に洗練された味わい。長い余韻に感じられる穏やかなヨード香が貝類・甲殻類などのお料理との相性をさらに高めています。
Vouvray Classic 2019
ヴーヴレイ・クラッシック 2019
ブドウ品種  シュナン・ブラン100% (平均樹齢25~30年)
土壌  粘土石灰質土壌主体 / 一部粘土珪質
区画の位置  Vouvray (ヴーヴレイ)  /  Vernou sur Brenne(ヴェルヌー・シュール・ブレンヌ)
生産量  1ha当たり50hl
醸造  厳選する為、手摘みで収穫する。空気圧式圧搾機でプレスするが、フリーラン果汁を主体に醸造する。18~24時間低温静置後、18℃に管理したステンレスタンクで最長でも2ヶ月間程アルコール発酵。その後、
澱上で9ヶ月間ステンレスタンク熟成。瓶詰め前に濾過。*残糖分:13g/ℓ前後
特徴  色調は緑がかった淡いゴールド。花梨、洋梨、ミラベルや蜂蜜のような香りとジャスミンのような香りが感じられる。口当たりは非常に円やかで、豊かな果実味とミネラル感のあるキレイな酸味とのバランスが素晴らしく、清涼感のある余韻が長く続く。

Vouvray Grande Annee 1964
ヴーヴレイ・グラン・アネ 1964
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。
Vouvray Rich Demi Sec 2010
ヴーヴレイ・リッチ・デュミ・セック 2010
土壌  主として粘土石灰質土壌
何か所かは“ペリューシュ”と呼ばれる粘土珪土質土壌
区画の位置  Vouvray (ヴーヴレイ)  /  Vernou sur Brenne
(ヴェルヌー・シュール・ブレンヌ) 両村にわたるプルミエール・コート・ドゥ・ロワール
生産量  1ha当たり50hl
 
醸造  全て手摘みで厳選したブドウのみ収穫する。空気圧式プレスで得た一番搾り果汁のみ使用。その果汁を18~24時間静置状態で前清澄させる。ステンレスタンクを18℃に保ち2ヶ月間発酵させる。その後、澱とともにステンレスタンク内で1年間熟成。*残糖分:50g/ℓ
 
特徴  白い花や熟した洋梨の香り。しなやかな口当たり。上品で程良い甘さの後に感じるいきいきとした酸が、味わいにバランスを与えています。余韻はフレッシュでフルーティーさが長く残ります。
Vouvray Grande Annee 1981
ヴーヴレイ・グラン・アネ 1981
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。

Sold Out

Vouvray Grande Annee 2001
ヴーヴレイ・グラン・アネ 2001
マルク・ブレディフは、1893年にエルネスト·ブレディフ氏によってヴーヴレイに創設された歴史あるワイナリーです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、威信ある伝統はそのまま継承され飛躍的な革新を遂げました。1874年にまで遡る稀少なヴィンテージワインを所蔵するカーヴは8世紀から使用されており、ワインの保存に最適な湿度と温度が年間を通して保たれています。テュフォーと呼ばれる土壌が主体の自社畑で栽培されるシュナン・ブラン種から長期熟成可能な秀逸なワインを造り続けて名声を得ています。
バックヴィンテ-ジを出荷する際には、醸造長であるジャン-フランソワ·マルシャロ氏自らがリコルクの作業を慎重に行い同じヴィンテ―ジのワインを注ぎ足しています。1970年代半ばまでは古き良き時代に使用されていた重厚感あるボトルに古式ゆかしいクラシックラベルが貼られており、1970年代後半以降は現在使用されているフォルムに近いボトルにブレディフ社のエンブレムを冠したトラディショナルなラベルが貼れています。ヴィンテ-ジにより残糖分は異なりますが(11g~17g/リットル)良い年ほど残糖分は多く、より長く熟成可能です。
※“マルク·ブレディフ ヴーヴレイ”は、ワインの保存に最適な温度12~13度、
湿度60%に保たれている天然のカーヴ内で
醸造·長期熟成するためコルク上部に黒いカビが付着している場合がございます。
瓶内のワインを守る役割を果たしており、コルクの状態も良く人体には無害ですので、ご安心してよく拭き取ってから抜栓して下さい。
 
 
 

マルク・ブレディフとは

 
 

マルク・ブレディフは、1893年にヴーヴレイのロッシュコルボン村にエルネスト・ブレディフ氏に よって創設された歴史あるメゾンです。1980年にロワールワインの第一人者パトリック・ドゥ・ラドゥセット男爵の所有となってからは、今までの伝統と品質の高さを引き継ぎつつ数百年の歴史あるこのメゾンに新たな活気がもたらされました。
8世紀に入ってからテュッフォーという凝灰岩を掘り起こしてつくられたカーヴは、この地域で最も 美しく2Kmにも及ぶ広大なものです。ここで採掘された石はロワール地方に現在点在している古城の建設等に使用されました。今日のようにワインのカーヴとして使用されるようになったのは16世紀に入ってからになります。年間を通してワインの保存に最適な湿度と温度を保つこのカーヴには、ヴィンテージワインが数多く所蔵されており、最も古いもので1874年ヴィンテージにまで遡ることが出来ます。
自社畑で栽培しているブドウ品種、シュナン・ブランは粘土石灰質、珪石質または砂利質などの土壌や畑の位置、ブドウの樹齢などによりスパークリングワインから辛口、甘口、貴腐ワインまで実に様々なタイプのワインを生み出す素晴らしいロワール原産品種です。
 
マルク・ブレディフはシュナン・ブランの特徴を最大限に引き出すワイン造りを続け、秀逸なロワールワインは長期熟成が可能であることを証明している銘醸ワイナリーです。
マルク・ブレディフは、ロワール地方でいち早くシャンパーニュ製法を導入しスパークリングワインを造り、瞬く間に評判を得て銘醸ワイナリーとして有名になりました。
現在、ドザージュ・ゼロやロゼのクレマン、ヴィンテージものやペティヤンまで様々なキュヴェを手掛けています。
シュナン・ブランを栽培している自社畑は、ヴェルヌー・シュール・ブレンヌ(Vernou sur Brenne)とヴーヴレイ(Vouvray)両村の丘陵に所有。
 
土壌は、粘土石灰質主体で一部粘土珪質ペリューシュ
呼ばれる粘土珪土質土壌や粘土砂利質土壌。
 
シュナン・ブラン100%でスパークリングから辛口ワイン、
半甘口ワイン、貴腐ワインまでを醸造している。
 
その他、カベルネ・フランでシノン、ブルグイユ、ソミュール・シャンピニー、ソーヴィニョン・ブランでトゥーレーヌ、ミュスカデからセーヴル・エ・メーヌのミュスカデロワイヤル・オイスターとロワール河中流から下流までのAOCを多数手掛けている。
 
長年醸造長を務めるマルシャロ氏は、それぞれの品種を熟知し個性を最大限生かしたナチュラルな味わいを追い求め、多彩な才能を余すことなく発揮し続けている。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

クーポン
 
クーポン・c16yt4rgtidgjrdmg8rn
UA-9383280-1