ドメーヌ・デ・クロワ


 


今世紀最も偉大な醸造家として期待されている超新星!


カミュー・ジローが倒産し、立て直すために探し出された醸造家それがデヴィット・クロワだったのです。若くて既成概念にとらわれない新しいブルゴーニュをになっていける人材、そうやって探された醸造家、彼は見事にカミュー・ジローを建て直し今ブルゴーニュで最も優れた醸造家として注目されています。
そんな彼が2005年、ドメーヌ・デューシェの畑5hを買い取りドメーヌを設立したのです。
彼のワインを初めてラシーヌで試飲したとき思ったのは、繊細で線が細いボディーの中に、最近のブルゴーニュにない見事な奥行きを感じました。
通常ブルゴーニュの場合、若すぎるワインは奥行きが出てくる前に酸化臭が出てくることが多いのですが、このワインは時間と共に奥行きと厚みが増し非常に表情豊かな姿を現します。
香りの素晴らしさ、非常に質感の良い柔らかさ、時間と共に現れる甘み、どれをとってもここ10年最も素晴らしい醸造家が現れたことを示しています。
現在このワインを輸入しているインポーターはラシーヌ以外にもう1社ありますが、このワインはラシーヌでなければ意味がないと言わざるえないようなワインでもあります。この表情の豊かさを一切崩したくない、つまり状態の良さを少しでも崩したくない、そう思っていまう貴重な生産者なのです。
あのデューシェの畑がここまで素晴らしいワインとして生まれ変わったのは実に信じられない出来事。そして彼がカミュー・ジローの醸造家も務めているために是非飲んでみたいのですが、多分近々その機会が出来そうです。
2007年ヴィンテージでここまで素晴らしいワインが出来るとは驚きですが、間違いなくこのヴィンテージのスターであることは明らかです。
2009年彼がどのようなワインを造ったのか、今から非常に楽しみです。

メゾン・カミーユ・ジルーで働くデヴィッドは、2004年にボーヌの中心に位置する立地の良い、5ヘクタールの畑とドメーヌ・ドゥシェが売却されているのに目をつけていました。
ドメーヌ・デ・クロワは、60年~70年代に数々の素晴らしいワインを産出していた旧ドメーヌ・ドゥシェの新しい組織です。やがてこのドメーヌと5ヘクタールの畑は売却され、Roger Forbes指揮のもとUSの小さな投資家グループが2005年初めに購入しました。彼らはデヴィッド・クロワをオーナーに任命し、彼はドメーヌ・デ・クロワとメゾン・カミーユ・ジルーとの間で働き始めました。
畑はサヴィニー、ポマール、コルトン・シャルルマーニュに加え、ボーヌにある5つのプルミエ・クリュ(トゥーロン、グレーヴ、サン・ヴィーニュ、ブレッサンド、ペルテュイゾ)の合計5ヘクタールです。このうち2ヘクタールのブドウは2005年からカミーユ・ジルーとの(長期であろう)契約により、ジルーが購入しています。残りの3ヘクタールが彼の自社畑となります。
ドメーヌのファーストヴィンテッジは2005年です。
自然派:
-除草剤、殺虫剤、防腐剤の使用なし
-オーガニック堆肥を使用(毎年ではない):ビオ農法で飼育された牛の堆肥
-土着酵母
-2008年から完全にビオロジック栽培を実施 (認証の取得はない)

<ワイン>
○Corton Charlemagne Grand Cru 2007 コルトン・シャルルマーニュ
 グラン・クリュ 2007
品種:シャルドネ
耕作:伝統的な耕作方法。場合によっては冬に土盛り、春に土崩し、季節に応じ耕す
作付け面積:0.25ha
樹齢:18年、22年(2つの区画)
仕立て方:ギュイヨ・サンプル
収穫量・収穫時期:45hl/ha、2007年9月15日
土壌・方角:泥の多い泥灰土・石灰質
圧搾技術:ブドウ全体をプレス。空気式圧搾機を使用。
醸造技術:低温下で24時間デブルバージュ。発酵のため樽詰め。バトナージュは行なわない。
濾過・清澄技術:行なわない
醸造中の亜硫酸添加量:50mg/l
ビン詰め時期:2009年4月
熟成:12ヶ月樽熟成(1年の旧樽+新樽(40%))、続いて6ヶ月タンク内熟成

●Beaune 2007 ボーヌ 2007
品種:ピノ・ノワール
耕作:伝統的な耕作方法。場合によっては冬に土盛り、春に土崩し、季節に応じ耕す
作付け面積:0.57ha
樹齢:24年、33年、50年(3つの区画)
仕立て方:ギュイヨ・サンプル
収穫量・収穫時期:25hl/ha、2007年9月1日、2日
土壌・方角:粘土・石灰質
畑の名前:ヴィラージュアペラシオン「Blanches Fleurs」(ブランシュ・フルール)、「Blanchisserie」(ブランシッスリ)。プルミエ・クリュアペラシオン「Teurons repliee」(トゥロン・レプリエ)
圧搾技術:空気式圧搾機を使用。(この際ブドウの塊を崩さないでプレス)
醸造技術:100%除梗する。伝統的な開放木製タンクで醸造。低温下(13℃)で5日間マセレーション。天然酵母により発酵。マセレーションは合計15日間行なう。ピジャージュ(1日4回まで)により抽出。
濾過・清澄技術:行なわない
醸造中の亜硫酸添加量:100mg/l
ビン詰め時期:2009年4月
熟成:12ヶ月樽熟成(4ヶ月の旧樽)、続いて6ヶ月タンク内熟成
●Beaune 1er Cru Les Cents Vignes 2007 ボーヌ プルミエ・クリュ レ・サン・ヴィーニュ 2007
品種:ピノ・ノワール
耕作:伝統的な耕作方法。場合によっては冬に土盛り、春に土崩し、季節に応じ耕す
作付け面積:0.47ha
樹齢:39年、51年(2つの区画)
仕立て方:ギュイヨ・サンプル
収穫量・収穫時期:34hl/ha、2007年8月31日
土壌・方角:砂質粘土・石灰質
畑の名前:「Les Cents Vignes」(レ・サン・ヴィーニュ)
圧搾技術:空気式圧搾機を使用。(この際ブドウの塊を崩さないでプレス)
醸造技術:100%除梗する。伝統的な開放木製タンクで醸造。低温下(13℃)で5日間マセレーション。天然酵母により発酵。マセレーションは合計15日間行なう。ピジャージュ(1日4回まで)により抽出。
濾過・清澄技術:行なわない
醸造中の亜硫酸添加量:100mg/l
ビン詰め時期:2009年4月
熟成:12ヶ月樽熟成(4ヶ月の旧樽+新樽(15%))、続いて6ヶ月タンク内熟成

●Beaune 1er Cru Bressandes 2007 ボーヌ プルミエ・クリュ ブレッサンド 2007
品種:ピノ・ノワール
耕作:伝統的な耕作方法。場合によっては冬に土盛り、春に土崩し、季節に応じ耕す
作付け面積:0.89ha
樹齢:16年、20年、24年(3つの区画)
仕立て方:ギュイヨ・サンプル
収穫量・収穫時期:20hl/ha、2007年9月1日
土壌・方角:粘土・石灰質、
畑の名前:「Bressandes」(ブレッサンド)
圧搾技術:空気式圧搾機を使用。(この際ブドウの塊を崩さないでプレス)
醸造技術:100%除梗する。伝統的な開放木製タンクで醸造。低温下(13℃)で5日間マセレーション。天然酵母により発酵。マセレーションは合計18日間行なう。ピジャージュ(1日4回まで)により抽出。
濾過・清澄技術:行なわない
醸造中の亜硫酸添加量:100mg/l
ビン詰め時期:2009年4月
熟成:12ヶ月樽熟成(4ヶ月の旧樽+新樽(25%))、続いて6ヶ月タンク内熟成

●Beaune 1er Cru Les Greves 2007 ボーヌ プルミエ・クリュ レ・グレーヴ 2007
品種:ピノ・ノワール
耕作:伝統的な耕作方法。場合によっては冬に土盛り、春に土崩し、季節に応じ耕す
作付け面積:0.30ha
樹齢:39年
仕立て方:ギュイヨ・サンプル
収穫量・収穫時期:30hl/ha、2007年9月1日
土壌・方角:粘土・石灰質
畑の名前:「Les Greves」(レ・グレーヴ)
圧搾技術:空気式圧搾機を使用。(この際ブドウの塊を崩さないでプレス)
醸造技術:100%除梗する。伝統的な開放木製タンクで醸造。低温下(13℃)で5日間マセレーション。天然酵母により発酵。マセレーションは合計15日間行なう。ピジャージュ(1日4回まで)により抽出。
濾過・清澄技術:行なわない
醸造中の亜硫酸添加量:100mg/l
ビン詰め時期:2009年4月
熟成:12ヶ月樽熟成(4ヶ月の旧樽+新樽(25%))、続いて6ヶ月タンク内熟成

表示件数
並び順
商品数:7件
商品数:7件