ジェラール・ラフェ(ジャン・ラフェ)


 


ジャン・ラフェのワインは、ル・テロワールが輸入したワイン以外は熱が入っているために、まあまあのブルゴーニュと言った印象が強いかもしれません。でも本当の姿は絶品なのです!

ャン・ラフェといえば以前ル・テロワールが輸入したスペシャル・キュヴェが印象に残ります。

このワインを飲む限り、ジャン・ラフェは実はブルゴーニュでもトップクラスのワインであることが分かります。

驚くほど素晴らしい酒質で、今まで日本に輸入されていた状態では、本来の素晴らしさは微塵も感じられません。

また数年前に輸入元が替わっていますが、完全な状態ではなく正直がっかりしました。

今回はヴィノラムが輸入したロットで、テロワール以来初めて輸入された最高のジャン・ラフェです。

そして2009年という最高のヴィンテージ。これは何にましても貴重な存在と言って良いでしょう。

ャン・ラフェはブルゴーニュではかなり農家的なイメージが強い生産者、素晴らしい区画の畑を多く持つことから実力も相まって素晴らしいワインが多いのです。

2002年に息子のジェラールに相続を済ませドメーヌの名前もジェラール・ラフェとなりましたが、ワイン自体は今まで通りジャン・ラフェが作っています。

つまりワインの内容は全く変わっていません。

ジャン・ラフェは区画ごとにワインセラーにワインを貯蔵していて購入する人ごとに出荷するキュヴェが違うというそんな購入側を試すようなこともしていたようです。

今回はいってきているクロ・ヴジョも区画で分かれていて、通常のクロ・ヴジョと古木とのキュヴェに分かれています。

ジェラール・ラフェの奥さんの影響で価格が大幅に上昇し輸入をするインポーターが現れなかったのですが、正規インポーターでは完全な状態のものではなく最近まで手に入らなかったのが実情です。

ジャン・ラフェのワインは数年の熟成によってブルゴーニュ好きの感性をくすぐるようなワインになります。

2009年まさに貴重なワインと言えるでしょう。

表示件数
並び順
商品数:3件
商品数:3件