ジャン・フルニエ


 

Domaine Jean Fournier  ドメーヌ・ジャン・フルニエ
17世紀ブルボン朝、ルイ13世の時代の文献にマルサネ村の栽培家としして記述されているフルニエ家。2003年父ジャン氏よりドメーヌ運営を引き継いだローラン・フルニエ氏(右写真)は現在30歳。

海外で学んだ経験を持つローラン氏が目指すのは原点回帰、ブルゴーニュ古来の自然な栽培・醸造法。1993年より既にリュット・レゾネを行っていた畑にビオロジーを導入、少しづつ広げ現在は100%ビオロジックへ転換。

マルサネ村中心に16ha所有する内10haが樹齢40年以上という恵まれた高樹齢のぶどうを元に丁寧な畑仕事で収量を抑え、多彩なテロワールと収穫年の特徴を忠実に表現する事を主眼とする。そのワインは香味高く、しなやか。調和の取れたエキス分が豊かでピュアな味わいを持つ。

「アシェット」「ゴー・ミヨ」「ベタンヌ・ドゥソーヴ」などのメディア掲載も多数。若手醸造家の間でも人望が厚く今後が楽しみな新世代醸造家。マルサネ・ラ・コートの南、クーシェ村内のACマルサネ・ロゼを名乗れる区画Les Perches, La Cailleeより。樹齢40年以上。


表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件