ドメーヌ・トラペ・ペール・エ・フィス


 



代が変わり名門トラペは大きく変わった!ビオ・ディナミに転向し、畑に出ると暗くなるまで帰ってこないほど栽培に力を入れ結果ワインは先代とは比べものにならないほどに向上!妻の実家であるアルザスのワインにも携わり今や目の離せない存在となている。

 



トラペのワインは当初かなり樽が強く果実味とのバランスが悪いワインという印象が強かったのですが、2007年頃より、そのバランスがかなり良くなってきました。以前とは別物のようなスタイルになり今後注目していきたい生産者。

もともとブルゴーニュでは代々有名な生産者で所有している畑も膨大です。

ここからはインポーターのテクニカル・ノートを御覧ください。

6世代にわたってジュヴレ シャンベルタンでワイン造りを続けているこのドメーヌは、代々少しずつ畑を増やしていき、現在では13haの畑を所有しています。現当主であるジャン ルイ氏は物腰柔らかく穏やかな人物で、自然を尊重して徹底したビオディナミーによるワイン造りをしています。また、奥様がアルザスのワイン生産者の娘で あった為、現在アルザスでのワイン生産も引き継いでおり、約1.6haの畑を所有しています。

畑の手入れはブルゴーニュ、アルザス共にビオディナミーで化学肥料や除草剤は一切使用し ていません。クォーツ(水晶)の粉末を定期的に畑に撒くことで土壌の活性化を促し、植物のエネルギーを引き出して病気に負けない木を育てることを目指して います。葡萄の木の仕立てはブルゴーニュが片翼式ギュイヨ、コルドン ロワイヤル、アルザスが両翼式ギュイヨで春に厳しい摘芽を行い、凝縮した葡萄のみ収穫しています。樹齢も高いものが多く、植え付けも1ha当たり約 12000株以下にし、収量を抑えることによって品質のレベルを高める努力をしています。

収穫は全て手摘みで行い、畑と醸造所で2度に渡って選別します。除梗は約30%で、開放 桶で低温浸漬を行い、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵をさせます。必要に応じて櫂入れを行い、空圧式圧搾機でプレスした後にワインは樽へ移され、 樫樽で15~18か月熟成されます。樽は主にトロンセ、アリエ、ヴォージュ産のものが使われています。アルザスの白ワインは同じように手摘みで収穫、選別 して空圧式圧搾機でプレスした後、果汁を冷やして不純物を沈殿させて取り除き、タンクに移されてアルコール醗酵を行います。その後、アルザス地方独特の楕 円形の樽で10~12か月熟成されます。 

シャンベルタン グラン クリュ
● CHAMBERTIN GRAND CRU
ピノ ノワール種100%。所有面積は約2haで3つの区画に分かれており、土壌は泥灰土や粘土石灰質です。古木が多く、1番古いものは1919年に植えられま した。骨格がしっかりしていて、色々な要素が凝縮しています。このワインの真価は10年以上待ってから発揮されます。

ラトリシエール シャンベルタン グラン クリュ 
● LATRICIERES-CHAMBERTIN GRAND CRU
ピノ ノワール種100%。所有面積は0.75haで基本は粘土石灰質土壌ですが石灰岩の割合が多く、珪素土も含まれる畑で上質で緻密な果肉の葡萄が収穫できます。タンニンより果実味と酸が素晴らしく、華やかな印象のあるワインです。

 

シャペル シャンベルタン グラン クリュ
● CHAPELLE-CHAMBERTIN GRAND CRU
ピノ ノワール種100%。面積は0.6haで土壌は木目の細かい粘土質と石灰岩の塊で構成されており、ワインに繊細さとリッチさを与えます。所有畑の中で1番 最初に開花する畑です。色合いが美しく、きれいな酸と柔らかいタンニンで、優雅なイメージのワインです。

ジュヴレ シャンベルタン プルミエ クリュ, クロ プリュール
● GEVREY-CHAMBERTIN 1ER CRU, CLOS PRIEUR
ピノ ノワール種100%。面積は0.5haで石の多い粘土石灰質土壌です。ミネラル豊富で良い酸があり、筋肉質で余韻の長いワインです。 

ジュヴレ シャンベルタン オストレア
● GEVREY-CHAMBERTIN OSTREA
ピノ ノワール種100%。畑の広さは約5.2haでChamperrier、Clos de Combe、la Jouiseなどの区画の葡萄をアサンブラージュして造られます。タンニンと果実味が豊かで肉厚なイメージのワインです。

マルサネ
● MARSANNAY
ピノ ノワール種100%。畑は約1.4haでマルサネのテロワールを良く反映するGrasses T〓tes、木の平均樹齢50年を越えるGrand Poirierなどの区画の葡萄が使われています。濃い果実味と豊富なタンニンで力強いイメージのワインです。

ブルゴーニュ パストゥグラン 「ア ミニマ」
● "BOURGOGNE PASSETOUTGRAIN ""A MINIMA""
ピノ ノワール種50%、ガメ種50%。ガメという品種はとても力強いので醸造の段階では亜硫酸は添加していません。2つの品種の相性は抜群で、ピノ ノワール種の酸と繊細さ、ガメ種の果実味とパワーのバランスがうまく取れているワインです。

マルサネ
● MARSANNAY
シャルドネ種100%。畑の広さは約0.25haで1993年から造られています。アルザスの伝統的な楕円形の大樽(1500?)で熟成させています。酸がしっかりしていて果実味も豊富、ミネラル分もありバランスの良いワインです。

マルサネ ロゼ
● MARSANNAY ROSE
ピノ ノワール種100%。色合いが美しく、果実味と酸のバランスもよく、軽やかで飲み心地の良いワインです。

表示件数
並び順
商品数:31件
商品数:31件