ドメーヌ・ビゾー


 

Domaine Bizot ドメーヌ・ビゾー 

代々医者の家計に育ったジャン・イヴ・ビゾーは、1993年に所有する畑を自ら管理し94年にはワイン造りを始めている。醸造学校で学びアンリジャイエとのテイスティングから多くを学んだとされている。2000年頃までは、ヴィンテージごとにかなり内容に差がありまだ確実に自分のスタイルを確立しているようには見えないが、かなり実験的に挑戦しているようである。

2001年からは大きくスタイルを変え非常にポテンシャルの高い姿を見せている。この年のワインとしてはかなりレベルが高く今後ブルゴーニュのトップクラスの生産者の仲間入りをすることは間違いない。

年々レベルが上がり、2005年の段階では驚くほどの酒質になり間違いなくトップ生産者の一人と言っても良い存在になった。柔らかく濃密な酒質の中に驚くほど高いポテンシャルを感じさせる。

ちなみに奥さんも実家のドメーヌを所有していて、アンリ・ノーダン・フェランを運営している。このドメーヌは以前はかなり見劣りするワインを造っていたが、最近奥さんが手がけるようになり見違えるほどのワインになっている。

2007年ビゾーは新しい畑のリリースをはじめ、リーズナブル系のワインが増えたのは喜ばしいところ。


ジャン・イヴ・ビゾーの奥さんが造るワイン

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件