ビテゥーゼ・プリュール


 

古典的スタイルながら意外と熟成は早い。今では数少ない生産者の一人で、あえて注目したい。

ヴァンサン・ビトゥーゼのブルゴーニュでの祖先のルーツは大変に古く、2世紀前に遡ります。偉大な祖父であるM.ジオット氏はオークセイ・デュレスに1802年に移り住み、その村の市長を務めました。1804年には、ビトゥーゼはヴォルネイにまで本拠地を広げました。

ビトゥーゼ・プリュールは、この地域では初めてワイン瓶詰めを始めた家族経営のドメーヌです。

1860年にヴォルネイ出身のビトゥーゼと、ムルソー出身のアンヌ・プリュールが結婚、ドメーヌ名をビトゥーゼ・プリュールとし、Meursaultの白とVolnayの赤を中心に生産しています。

Volnayには赤専用の醸造所とカーヴと自宅、Meursaultには同様に白専用のカーヴがあります。近く2つを1箇所にまとめる予定。

 

収穫は機械を使用せずにすべて人の手によって行い、伝統的なブルゴーニュスタイルの醸造方法を継承しています。白は樽の中で発酵させて15~18ヶ月間熟成させてから瓶詰めします。

1 級クラスになると20%は新樽を使用します。赤については低温浸漬を行い、発酵を2週間かけて行います。1日に2度ピジアージュをし、発酵温度は35度ぐ らいの間で制御し発酵をさせます。マロラティック発酵は樽の中でさらに続けて行い、20~24ヶ月樽熟させてから瓶詰めされます。

樽は、毎年30個ほど買い足して、平均新樽率は20%。8年くらいまで使っています。ボワゼな樽香の強いワインは避けたいと考え、樽があまり影響しないように留意しています。

表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件