ブレット・ブラザース(スフランディエール)


 

Bret Brothers / Domaine la Soufrandiere
ブレット・ブラザース/ドメーヌ・ラ・スフランディエール
 

本拠地  : ヴァンゼル村
代表者  : ジャン・フィリップ・ブレ、ジャン・ギヨーム・ブレ
樹 齢  : 20~70年以上
所有畑  : 計4.55ha
プイィ・ヴァンゼル レ・カール 4.0ha
プイィ・ヴァンゼル レ・ロンジェ 0.55ha

<ワイナリーの歴史>

 ラ・スフランディエールは、南ブルゴーニュのマコン南部ヴァンゼル村にある、歴史ある地所で、薬学博士ジュール・ブレによって1947年取得。当時ブドウ畑の面積は、AOCプイィ・ヴァンゼルのクリマ〈レ・カール〉に植えられた僅か1haのみでした。
 既にあった区画に続く畑を取得し畑を拡張。ブドウ畑はまとめて折半耕作に出され、その間収穫されたブドウはヴァンゼル村協同組合によって醸造・販売されていました。ジュール・ブレとルイーズ・ブレ夫妻の三男ジャン・ポール・ブレが、1969年スフランディエールの当主になり、その時の畑の面積は4.55haまで拡張、うち4haがプイィ・ヴァンゼル〈レ・カール〉、0.55haがプイィ・ヴァンゼル〈レ・ロンジェ〉。
 1998年、スフランディエールは協同組合から脱退し、2000年はスフランディエールにとって、醸造から瓶詰めまでを行なう最初の年となりました。2001年、ネゴシアンのブレット・ブラザーズを設立し、ドメーヌと同じ信念・哲学でワインをリリースしています。


<特 徴>

 ブドウとテロワールに最大限の敬意を払い、厳しい収量制限やビオロジックを採用するなど、妥協無くワイン造りをしています。また、ブレット・ブラザーズでも、「1つのワイン = 1つの区画 = 1人の栽培家」をかかげ、テロワールを最大限に引き出すことを心がけています。


<ワイン造り>

 熟練したスタッフにより手摘みで収穫されたブドウは、空圧式プレス機で圧搾された後228リットル入りの樽「ピエス」に移されます。新樽は、全200樽のうち僅かに5樽のみで、他は2~4年樽が使用されています。醗酵は天然野生酵母のみで、11~16度の地下セラーでゆっくりと醗酵し、11ヶ月以上熟成されます。


表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件