ルロワ




ルロワのワインとはラルー・ビーズ・ルロワの命の結晶。
そんな風に思えるほど、心に響くワインばかり!

1980年代までDRCを作っていたのはルロワです。彼女の作るワインはまさにルロワの命の詰まったワイン。

それまでアソートメントでしか出回っていなかった DRCをルロワが自分のストック分をバラで売り出してしまったために一族間で裁判沙汰になり、結局DRCの株を全て手放すこととなった彼女は、

DRC以上 のワインを造り出すためにドメーヌ・ルロワでビオ・ディナミを実践しルイ・レミーの所有していた畑なども買い足し、今やとてつもないワインを造り出してい ます。

彼女が個人所有しているドーブネ、それ以外にネゴシアンもののルロワがあります。

ドメーヌものとドーブネのワインは感動的な品質でブルゴーニュにおいても世界的に見てもこれ以上のワインはないと断言できます。確かにロマネ・コンティーは区画としては世界最高峰でしょうが、ワインの造りにおいてはルロワにはかなわないのです。それは実際に飲んでみればその凄さに圧倒され納得されるでしょう。

 


ネゴシアンものに関しては上記のものとは圧倒的に品質の差がありますが、他の生産者と比べるとそれでもブルゴーニュトップクラスの出来なのです。

ドメーヌものやルロワ個人所有の畑はビオで最先端の素晴らしいワイン、ネゴシアンものは古典的魅力、そのように考えて良いと思います。

ただ問題なのはこれらの素晴らしいワインが日本において真の姿を見られない事です。

ルロワは自分の蔵にバックヴィンテージのネゴシアンものを大量に所有しているため定期的に売りに出します。現在それらのワインを最もコンディション良く輸入しているのはヴィノラムだけです。

表示件数
並び順
商品数:5件
商品数:5件