商品コード:set0184
南アフリカで注目の赤ワインを知る【ワインセット】

南アフリカで注目の赤ワインを知る【ワインセット】
ワインホリックの厳選ワインセット
今注目の南アフリカで造られるレベルの高い赤ワインをお楽しみください!
セット内容:3本(赤3本)
【1】ザ・サディ・ファミリー / コルメラ [2016]
赤ワイン:南アフリカ・スワートランド
当主は南アフリカワインの今を牽引するイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業し、南アフリカに戻った後はスパイス・ルートで醸造責任者を勤めました。1998年スワートランドに自身のワイナリーを設立し、古樹から低収量で造られるコルメラとパラディウスを発表すると瞬く間に注目を浴びます。機械化とは無縁の環境下で手作業を基本に、重力の力を利用して、スワートランドのテロワールをワインに表現すべく情熱をかたむけてワインを造っています。生粋のサーファーでもあり、海に入る時間も大事にしたいので生産量がこれ以上増えることは無いとのこと。 シラー(80%)、ムールヴェドル(17%)、グルナッシュ(3%)をブレンド。土壌は花崗岩、スレート、砂質が混ざっています。引き締まった芯にエレガンスとピュアな果実感をまとったような、美しい仕上がりです。2000年にコルメラを発表して以来最も低いアルコール度数(13.8%)ですが、比較すると、ワインの要素やボリューム感についても若干豊かで、仕上がりにとても満足しています。
【2】ラール・ワインズ / エヴァ・シラー [2017]
赤ワイン:南アフリカ・スワートランド
2008年に若いドノヴァン・ラール氏が西ケープ州の中でも、カルトワインのメッカであるスワートランドに設立し運営しているワイナリーで、年産僅か6000本です。手造りの赤白ワイン1種類ずつを地中海ブレンドで、極めてユニークで限りなく古い畑のブドウを使用し、極上のワインを少量造ることがモットーです。 シュナン・ブラン100%。スワートランド南東に位置するシスト(片岩)土壌の単一畑で、樹齢20年のブッシュ・ヴァインです。2017年に誕生した愛娘の名前を冠したラールのフラッグシップとなるワインです。ブドウは全房をバスケットプレスし、古樽にて醗酵を完成させます。醗酵には酵母などの添加は一切行いません。オイリーな食感とパレットにはセイヴォリィ、塩味とはっきりとした輪郭を感じます。ハチミツ、タルトタタンが香る余韻は長くはつらつとしています。 2017年版ティム・アトキンMWの南アフリカ・スペシャル・ワイン・レポートにおいて、「ホワイトワイン・ディスカバリー・オブ・ジ・イヤー」及びシュナン・ブラン種における「ホワイトワイン・オブ・ジ・イヤー」を受賞しています。
【3】ライクス / ピノタージュ・リザーヴ [2014]
赤ワイン:南アフリカ・ラルバッハ
ネヴィル・ドリントン氏がケープ・タウンで20年間働いた後、第二の人生を田舎で、と思い立った時、健啖家であったことから、ブドウ栽培をしようと決意しました。タルバッハは、スワートランドよりやや内陸寄りにあり、やはりカルトワインの産地となっています。 根が伸びていけるように、植樹する前にブルドーザーで1.5m深さまで泥板岩を引き裂きました。適切な排水を確保するために、各ブロックごと、底にトレンチ排水を設置しました。泥板岩は保水性がよくないので、灌漑後や25mmほどの降雨から5~6日もすると土壌は干上がります。 この泥板岩のもう一つの利点はPHの少ないワインに仕上がるといういことで、結果、よく熟成するワインになります。 色と果実味を抽出するために発酵前に48時間の低温浸漬を行います。発酵中、抽出はピジャージュを1日に3回実地します。発酵が終了する前に果皮は優しくプレスします。マロラクティック発酵は樽の中で施します。樽熟成は20 か月で60%フレンチオークの新樽、40%がフレンチオークの2年樽使用。このワインは最良の厳選10樽のブレンドで造られています。年産:4080本
【wineset】【blanc】

アイテムイメージ

販売価格 (税込) 35,475円
当店ポイント322P進呈
在庫数:3個
返品についてはこちら>>

WINEHOLIC ON SNS
新入荷情報はTwitterが最速!