ワイン専門店ワインホリックは状態の良いシャンパンだけをお送りします。

WINE SHOP WINEHOLIC


France Champagne  フランス・シャンパーニュ



France Champagne 
フランス・シャンパーニュ


シャンパーニュのシャンパン
シャンパーニュのロゼ
シャンパーニュの赤ワイン
シャンパーニュのデザートワイン
ラシーヌの輸入するシャンパン
ラフィネの輸入するシャンパン
フィネスの輸入するシャンパン
ヴァンクロスの輸入するシャンパン
ブルゴーニュのお薦めワイン

HOME > ワイナリー > フランス > シャンパーニュ > フランス・シャンパーニュのシャンパン
作り手を選ぶ
 
down
シャンパーニュ・ラ・パルセル
自然派シャンパンを牽引するエルヴェ・ジェスタン
スタンダードシャンパンの雄ジョゼ・ミッシェル
存在感を増すジャン・ルイ・ヴェルニョン
重厚系シャンパンで注目ヴェット・エ・ソルヴェ
ピノ・ムニエの魔術師ジェローム_プレヴォー
味わいの魅力が素晴らしいエマニュエル・ブロシェ
魅力的な風味アサイー
作り込まれた姿が素晴らしいエグリ・ウーリエ
シャンパーニュの頂点クリュッグ
魅力溢れる味わいジャニソン
魅力溢れるシャンパーニュ・ド・ラ・ルネサンス
今シャンパーニュで注目の存在ロジェ・クーロン
今シャンパーニュで注目の存在ブリアール・モリゼ
鬼才パスカル・マゼ
最古のシャンパンドン・リュイナール
シャンパーニュで今最も注目すべき存在マルゲ
フランス人が最も愛すシャンパンリシャール・シュルラン
世界で最も人気のユリス・コラン
重厚系シャンパンの雄ラエルト・フレール
魅力的な味わいが特徴フルーリー
鬼才ブノワ・ライエ
フィネスが満を持して輸入トリシエ・ディディエ
風味が実に魅力的ドラピエ
ドライなシャンパンの極みプネ・シャルドネ
魅力的な風味が実に素晴らしい!フレデリック・マルトレ
魅力度の高さは群を抜くルノーブル
重厚なスタイルが素晴らしいプチ・エ・バジャン
シャンパンの大様ルイ・ロデレール
自然派シャンパンの注目株ラルマンディエ・ベルニエ
魅力的なシャンパンミシェル・ジュネ
 
up
 
シャンパーニュを知る
 
down
 最近のシャンパーニュはレコルタン・マニュピュランによる質重視のシャンパーニュが台頭しています。ブルゴーニュで言えばドメーヌなどの家族経営の作り手達ですが、今まで葡萄を大手ネゴシアンに供給していた栽培家達の新世代達が醸造を始め市場に質の高いシャンを供給し始めています。今この新世代の作り手達と大手ネゴシンアンなどのシャンパーニュに大きく分類されます。
 
手のネゴシアン系は国際的な流通を考え泡の強い古典的シャンパーニュのイメージをそのままに供給し世界の需要に応えています。このようなシャンパンは味わいや質を求める人たちではなく、お祝い事や派手なイメージの世界で飲まれることが多くブランド力も重要です。ただ大手のブランドに吸収された造り手達は利益優先のために質的な低下が見られ輸入状態もきわめて悪くもう日本人が楽しむようなシャンパンではなくなっているのかもしれません。
の反面レコルタン・マニュピュラン達の造るシャンパンは質の高さを求めるワインラヴァーに愛されています。エルヴェ・ジェスタンなどを筆頭に今までのスタイルを変えてまで質感重視のスタイルに転換する造り手も多く、今後質的重視のスタイルでどのような個性を出していくのかが注目されます。その反面エグリ・ウーリエのような作り込んだ味わいを更に推し進めていく造り手もいます。レコルタンでも方向性の違いが出始めています。
 
手ネゴシアン系のシャンパンは泡が強いためにグラスを立て2度に分けて注ぐのが良いとされていますが、レコルタン・マニュピュラン系のシャンパンは泡の質感が非常に良いのでグラスを斜めにして泡を極力抜かないようにして飲むのが美味しく楽しむ秘訣です。 
 
 状態の良いシャンパンはどこが違うのか

シャンパンは本来非常に酸が強いのです。酸が熱で壊れるとフレッシュ感が薄れ輪郭がぼやけます。飲みやすくはなりますが、本来持っている多くの要素がぼやけて分からなくなってしまいます。また果実の強いシャンパンは泡のはずなのに舌に残るような嫌らしい甘さを感じます。明確な違いを認識するためには状態の良さが鍵なのです。

up
 
葡萄品種、ヴィンテージでシャンパンを選ぶ

 
 
 
 
home

info

search

country

importer

wineset

recommendedwine

gourmet
pursang
what'snew
facebook
instagram
 
cart
login
営業日
問い合わせ
mypage
mailmagazine
新規会員登録