Domaine de Cassiopee Domaine de Cassiopee2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。
Domaine de Cassiopee Domaine de Cassiopee2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。
Domaine de Cassiopee Domaine de Cassiopee2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。
Domaine de Cassiopee Domaine de Cassiopee2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。
Domaine de Cassiopee Domaine de Cassiopee2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。

2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。

Bourgogne Aligote Mitancherie
ブルゴーニュ・アリゴテ・ミトンシュリエ
【品種】アリゴテ100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Mitancherie   【立地】標高300m(上部)、真東向き斜面
【土壌】石灰質の上に粘土とシルト   【面積】0.5ha   【樹齢】25年
【全房使用率】100%
【熟成】オーク樽(古樽)10ヶ月間
【アルコール度数】12.5%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》3800本 《1500ml》150本
Hautes Cotes de Beaune Blanc Les Cotes
オート・コート・ド・ボーヌ・ブラン レ・コテ
【品種】シャルドネ100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Les Cotés   【立地】南東斜面(花崗岩)、北東斜面(粘土石灰質)
【土壌】ピンク色の花崗岩の上に砂質(1/3)、石灰質の上に深めの粘土(2/3)   【面積】0.72ha   【樹齢】4年、55年
【全房使用率】100%
【熟成】オーク樽(古樽)15ヶ月間
【アルコール度数】12.5%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》1800本
Bourgogne Aligote Mitancherie
ブルゴーニュ・アリゴテ・ミトンシュリエ
【品種】アリゴテ100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Mitancherie   【立地】標高300m(上部)、真東向き斜面
【土壌】石灰質の上に粘土とシルト   【面積】0.5ha   【樹齢】25年
【全房使用率】100%
【熟成】オーク樽(古樽)10ヶ月間
【アルコール度数】12.5%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》3800本 《1500ml》150本

Hautes Cotes de Beaune Rouge Les Paizets
オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ レ・ペゼ
【品種】ピノ・ノワール100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Les Paizets   【立地】標高320m(村でもっとも高い位置)、真東斜面
【土壌】石灰質の上に深めの粘土   【面積】0.4ha   【樹齢】50年
【全房使用率】0%
【熟成】オーク樽(古樽)15ヶ月間
【アルコール度数】13.0%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》2350本 《1500ml》70本
Maranges Rouge Les Plantes
マランジュ・ルージュ レ・プラント
【品種】ピノ・ノワール100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Les Plantes   【密植度】11000本/ha
【土壌】石灰岩の上に粘土とシルト   【面積】0.4ha   【樹齢】110年
【全房使用率】0%
【熟成】オーク樽(古樽)18ケ月間
【アルコール度数】12.3%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》2200本 《1500ml》75本
Hautes Cotes de Beaune Rouge Les Cotes
オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ レ・コテ
【品種】ピノ・ノワール100%
【産地】サンピニィ・レ・マランジュ村   【区画】Les Cotés   【立地】ACマランジュの対面に位置する丘
【土壌】ピンク色の花崗岩の上に砂質   【面積】0.72ha   【樹齢】55年
【全房使用率】0%
【熟成】オーク樽(古樽)10ヶ月間
【アルコール度数】12.5%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》1900本

Bourgogne Rouge en Gerlieus
ブルゴーニュ・ルージュ・アン・ジャリウ
【品種】ピノ・ノワール100%
【産地】シャセ・ル・カンプ村   【区画】Gerlieus   【立地】周りにブドウ畑が一切なく、ハチの巣(養蜂)と林のみの環境
【土壌】粘土石灰質、赤粘土   【面積】0.8ha   【樹齢】55年
【全房使用率】20%
【熟成】オーク樽(古樽)18ケ月間
【アルコール度数】13.3%   ◆無濾過・無清澄   【生産本数】《750ml》1700本
 
 
 

ドメーヌ・ド・カシオペとは

 
 

詳細・歴史

2020年に、共に1994年生まれのユーゴ(イヴリーヌ県出身)とタルラ(ヴァランス
出身)マテュラン夫妻がマランジュの丘の中心に位置する「Sampingy-lès-Maranges/サンピニー・レ・マランジュ」 の地に5.3haの畑と家付きの醸造所を手に入れドメーヌを立ち上げた。ボルドー大学、グランゼコールで共に学んだ二人は農学と醸造学のエンジニアで、ユーゴはムルソーのジャン・マルク・ル-ロとシャンボール・ミュジニーのフレデリック・ミュニエのもとで、タルラはバンジャマン・ルルー 、クロ・ド・タール、スイスのマリー・テレーズ・シャパーズのもとでそれぞれ働いた。二人の異なる経験から独自の哲学が生まれ、ワイン造りに生かされている。マランジュを選んだのは、大きな可能性を秘めており、これからの気候変動等を考えると非常にメリットの大きなエリアでもあるから。ドメーヌ名の由来は、「もし二人の間に女の子が生まれたらカシオぺと名付けようと思っていたから」。
 

【自社畑総面積】5.3ヘクタール
 1箇所を除き畑はセラーから30分圏内にある。
 土壌・標高・傾斜などそれぞれテロワールの違う10キュヴェ(9区画)
【栽培】ビオロジック(一部ビオディナミ) 2023年に認証取得予定
 エノログでもある二人は、エリア全体で行わないといけないビオロジックを行うために周辺の生産者
 との共生を重んじ、自分達の中で明確となっているやるべきことを少しずつ着実に進めている。
畑のケアにはハーブティを使用。
【仕立】ギュイヨ・プーサール   【収穫】全て手摘み  
 

醸造

全て区画ごとに分けて醸造、熟成、瓶詰めまでを行う。SO2は必要時に極々微量しか使用しない。栽培から澱引きや瓶詰までの全ての工程を、ビオディナミのカレンダーに基づいて行います。
【白ワイン】3時間かけてゆっくりとプレス→一晩寝かせる(デブルバージュ)→少し澱を残した状態で樽に入れ自然発酵(約45日間)→熟成
【赤ワイン】ジャケットタンク(ステンレス)に入れ一旦温度を下げる→23日後にゆっくりと自然発酵が始まる(約7日間)
       →ルモンタージュ(ピジャージュなし)→蓋付きのタンクで2週間→プレス→2日寝かせる→樽(熟成)
【マロラクティック発酵】自然に任せて行う

ワインは全てクール便で発送。梱包条件、送料に関してはショッピングガイドをご覧ください。


東京都世田谷区梅丘2-16-2  TEL & FAX : 03-3428-3804 営業時間 10:00-18:00 (休業日が変則的なので営業日の確認をお願いいたします。)営業日を確認
iNSOLITE Corp 20歳未満の方には酒類の販売はいたしません。   酒販店免許北法442  海外への発送は行っておりません。
 
ワインショップ ワインホリック

Wine Shop WINEHOLIC

UA-9383280-1