Domaine Mathias Parent Gros Domaine Mathias Parent Grosルドヴィック・ピエロ氏はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています Domaine Mathias Parent Gros Domaine Mathias Parent Grosルドヴィック・ピエロ氏はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています Domaine Mathias Parent Gros Domaine Mathias Parent Grosルドヴィック・ピエロ氏はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています Domaine Mathias Parent Gros Domaine Mathias Parent Grosルドヴィック・ピエロ氏はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています
 ルドヴィック・ピエロ氏はドメーヌ・ルフレーヴのピエール・モレの下で働き研鑽を積み、シャサーニュ・モンラッシェのハイツ・ロシャルデのコンサルタントも務めています。所有する14ヘクタールの畑全てで、自然のリズムを尊重しながらビオディナミによる栽培を行っています
Hautes Cotes Nuits Rouge 2014

Sold Out

Hautes Cotes Nuits Rouge 2014
オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ [2014]
畑はオート・コート・ド・ニュイの中心に位置し、ジャン・グロによって1973年に植樹されました。石灰岩土壌で標高は275~480mです。ブラックカラント、野いちご、ラズベリーの香りがあり、程よい果実の濃度があり、タンニンはシルキーで緻密です。新樽比率:50% 熟成期間:12カ月
Vosne-Romanee 2014
ヴォーヌ・ロマネ [2014]
ラベル表記はないがオー・レア100%です。ヴォーヌ・ロマネに特徴的な華やかな香りに、スムーズできめ細やかな果実味があります。シルキーで既に美味しく飲め、鴨肉などの鳥料理に最適です。新樽比率:50% 熟成期間:15カ月
Echezeaux 2014
エシェゾー [2014]
標高250~300mです。バラ、チェリーの香り。次第にムスク、レザーの香りに変化していきます。わずかに胡椒や動物性の香りもあります。細やかなタンニンが骨格を形成していて、既に魅力的な状態ですが、本領発揮するのには10年近くを要します。新樽比率:100% 熟成期間:18カ月

Hautes Cotes Nuits Rouge 2015
オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ 2015
畑立地:コート・ド・ニュイの中心地Arcenantに位置する標高275m~480mの斜面  畑面積:680ha
土壌:ジュラ紀の石灰質  植樹:母方の祖父によって1973年
栽培:伝統を重んじ、持続可能なリュットレゾネ  収穫:手摘みにて小さなバスケットに入れ、厳格に選果
低温浸漬:15~18℃にて4~5日間  発酵:10日間バトナージュとピジャージュを行う
熟成:木製のフードルが60%、1~2年使用樽40%
アルコール度数:12.5%
Chambolle-Musigny 2014
シャンボール・ミュジニー 2014
シャンボール・ミュジニー村の4つの区画:Fremières, Le Pas de Chat, Derrière le Four, Les Athets
畑立地:全区画標高250~300m  畑総面積:223ha  土壌:非常に水はけがよく浅い土が表面を覆う
栽培:伝統を重んじ、持続可能なリュットレゾネ  収穫:手摘みにて小さなバスケットに入れ、厳格に選果
低温浸漬:15~18℃にて4~5日間  発酵:10日間バトナージュとピジャージュを行う
マロラクティック発酵:45日間  新樽比率:50% 熟成期間:18カ月
アルコール度数:13.0%
Chambolle-Musigny 2012
シャンボール・ミュジニー 2012
シャンボール・ミュジニー村の4つの区画:Fremières, Le Pas de Chat, Derrière le Four, Les Athets
畑立地:全区画標高250~300m  畑総面積:223ha  土壌:非常に水はけがよく浅い土が表面を覆う
栽培:伝統を重んじ、持続可能なリュットレゾネ  収穫:手摘みにて小さなバスケットに入れ、厳格に選果
低温浸漬:15~18℃にて4~5日間  発酵:10日間バトナージュとピジャージュを行う
マロラクティック発酵:45日間  新樽比率:50% 熟成期間:18カ月
アルコール度数:13.0%
 
  

マチアス・パラン・グロとは

 
 

詳細・歴史

ヴォーヌ・ロマネの名門の血をひくサラブレッドが満を持して独立。母は伝説の醸造家:ジャン・グロの長女で、現在はA.F.グロの当主、アンヌ・フランソワーズ・グロ。父はドメーヌ・パランの当主、フランソワ・パラン。当代一のドメーヌのひとつグロ一族より継承した畑で、エレガントで芯の強さを表現した王道のブルゴーニュを生み出します。

栽培管理は持続可能な農業の原理と伝統的な方法を守るために除草剤と殺虫剤は一切使用せず、かつ合理的な方法も用いて行われます。収穫時は全て手摘みで選房しながら小箱に収穫し、低温温度制御トラックで20分以内にドメーヌに運ばれます。

醸造

4段階による厳密な選粒ののち、香りと色の抽出のため4日間低温マセラシオンを行います。天然酵母により自然発酵が始まり、25℃30℃の間で温度管理のもと10日間発酵を持続させます。樽に移し約45日間マロラクティック発酵を行います。SO2は添加せず、代わりに液体タンニンで構成された天然のアジュバントを加えます。アリエのトロンセの森か、フォンテーヌブロー産のフレンチオーク樽で1218カ月熟成させます。新樽比率はオート・コート・ド・ボーヌで50%、村名で65%、グラン・クリュで100%。ろ過は必要な場合にのみ行うため、レンチキューラーによる濁度分析により実施を判断します。

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC

クーポン
 
クーポン・c16yt4rgtidgjrdmg8rn
UA-9383280-1