オーストリアで最もわかりやすく品質が高い

Soellner
ゼルナー

 
 
 
 
 
生産地域ヴァグラムの北西部で、隣接する生産地域カンプタールを縦断するマンハーツ山脈の南端に位置するゲーシング Gösing村にある。ドナウ川に向かって開けた高台に位置し、スールナーが所有する16haのブドウ畑は、標高 250~ 350mの南向きの河岸段丘にあって見晴らしが良い。オーナー醸造家のトーニ・スールナーは、 16歳の時に初めてブドウを圧搾した。スールナー家はワイン造りだけでなく、 1haの果樹園でリンゴや梨を、 16haの農地で様々な穀物を栽培し、豚、羊なども飼育する複合農家で、森林も約 5ha所有している。トーニは 1995年にダニエラ・ヴィーニュさんとの結婚を機にビオロジックへの転換を決意。 1997年にはそれを完了し、 2004年にはビオディナミへと移行した。「自然と共に働いて生きる」ことをモットーに、「魂と個性とエネルギーがこもった、飲んで美味しく体に良いワイン」を目指している。ビオディナミで活性化した土壌にはマンハーツ山脈の花崗岩が混じり、砂、砂利、それにレス土が厚く堆積。昼にはパンノニア気候の乾いた熱風が吹き、夜は山から冷気が降りてブドウの成熟とアロマの蓄積を助ける。品種の大半はグリューナー・ヴェルトリーナーで、他にリースリング、ツヴァイゲルト、ザンクト・ラウレント、カベルネを栽培し、ステンレスタンク、大樽、小樽で野生酵母で発酵する。中でもヴァグラムが発祥の地と言われているローター・ヴェルトリーナーを、 1930年代に作られた炻器(ストーンウェア)のタンクで醸し発酵した「イルデン」 irdenは、トーニとダニエラの好奇心と志を象徴している。
106773852_2878506905610014_5381625818649135609_o.jpg ゼルナーの写真1 ゼルナーの写真2 75250819_2878506922276679_8603782025961120011_o.jpg
Oibelos Zweigelt 2016
オイベロス・ツヴァイゲルト 2016
品種:ツヴァイゲルト
位置:標高300m
土壌:粘土質、砂質
木樽で2年間熟成
手でのパンチングダウンかルモンタージュでの、やさしい抽出を行い、ヴァイングット・スールナーとしては長い、木樽での長期熟成を行う、この地域の赤品種の可能性を問うワイン。
長期熟成により、タンニンは柔らかく、シリアス過ぎない味わい。
14932

Sold Out

Wogenrain Gruner Veltliner 2017
ヴォーゲンライン グリューナー・ヴェルトリーナー 
<畑名 Gösing村の周囲の複数の畑>
土壌 : レス土
畑の標高 : 290~320m
畑の向き : 南、南東、南西向き
栽培面積 : 3.5ha
仕立て方法 : ギュイヨ式
品種 : グリューナー・ヴェルトリーナー100%
平均樹齢 : 10~25年
 植樹密度 : 3,000本
収穫量 : 40hl/h
<醸造>
選果の場所 : 畑と醸造所
マセレーションの有無 : あり
マセレーション期間 : 6時間
酵母の添加有無 : あり、畑から採取した培養酵母
醗酵容器 : ステンレスタンク 
アルコール醗酵期間 : 20日間
醗酵温度コントロールの有無 : あり
熟成容器 : 大樽とステンレスタンク
熟成期間 : 6ヵ月間
濾過 : あり
清澄 :  あり(ベントナイト使用)
当キュヴェの年間生産量 : 18,000本
【ワインまたは畑の名前の由来】:
昔ながらの、軽く、フルーティで楽しく飲めるヴェルトリーナーです。フレッシュで、バランスが取れています。現在、グリューナー・ヴェルトリーナーはヴァーグラムの主要品種となっています。ゲーズィングの選果した葡萄によって造られており、自然酵母で醗酵しています。
Gosing'A Muller-Thurgau, Riesling & Muskateller 2020
ゲースィング・アー・ミュラー=トゥルガウ・リースリング・ムスカテラー 2020
品種:ミュラー・トゥルガウ、リースリング
   ムスカテラー
位置:標高300m
土壌:粘土質、砂質
ステンレスタンクで醗酵
木樽で半年間熟成
香りに特徴のある3品種を、ブレンドし、短い熟成と低めのアルコール度数で、収穫年の夏に飲まれることをイメージして造られた。
調和のとれた酸味とムスカテラーの香りで、クリスピーで活き活きとした味わい。
 

Grüner Veltliner Goldberg Schwefelfrei 2019
グリューナー・ヴェルトリーナー・ゴルトベルク  ※SO2無添加 2019
<畑名 Goldberg村>
土壌 : 砂混じりのレス土
畑の標高 : 300m
畑の向き : 南西向き
栽培面積 : 2ha
仕立て方法 : ギュイヨ式
品種 : グリューナー・ヴェルトリーナー
平均樹齢 : ~25年
植樹密度 : 3,000本
収穫量 : 35hl/h
<醸造>
選果の場所 : 手作業の選果は畑、機械による選果はセラーで行う
マセレーションの有無 : あり
マセレーション期間 : 10時間
酵母の添加有無 : あり、畑から採取した培養酵母
醗酵容器 :  ステンレスタンク
アルコール醗酵期間 : 14日間
醗酵温度コントロールの有無 : なし
熟成容器 : ステンレスタンク       
熟成期間 : 10ヶ月間
濾過 : なし
清澄 :  あり(ベントナイト使用)
醗酵中の亜硫酸添加量 : 0mg/L
総亜硫酸量 : 7mg/L  
当キュヴェの年間生産量 : 1,300本
Dani Rose 2020
ダーニ・ロゼ 2020
 <畑名 Gösing村の周囲の複数の畑>
 
土壌 : 砂混じりのレス土
畑の標高 : 290~320m
畑の向き : 南、東、西向き
栽培面積 : 0.8ha
仕立て方法 : ギュイヨ式
品種 : ブラウワー・ツヴァイゲルト80%、メルロー10%、
カベルネ・ソーヴニョン10%、
平均樹齢 : 15~25年
植樹密度 : 3,000本
収穫量 : 38hl/h
 
<醸造>
選果の場所 : 畑
マセレーション : あり
マセレーション期間 : 8時間
酵母の添加有無 : あり、畑から採取した培養酵母
醗酵容器 : ステンレスタンク 
アルコール醗酵期間 : 14日間
醗酵温度コントロールの有無 : あり
熟成容器 : ステンレスタンク
熟成期間 : 6ヵ月間
濾過 : あり
清澄 :  あり(ベントナイト使用)
当キュヴェの年間生産量 : 4,000本
 
【ワインまたは畑の名前の由来】:
ダーニDANIは造り手のファーストネームの愛称であり、D: delicious(おいしい)、A: animated(活き活きとした)、N:natural(自然の)、I:individual(個性的な)、の4つ意味にもかけられたネーミングです。十分に完熟した手摘みで収穫された葡萄を用いて、バランスの取れた、魅力的な、香り高いワインになっています。
14931

Sold Out

TONI Gruner Veltliner 2017
トーニ グリューナー・ヴェルトリーナー 
 <畑名 複数の畑>
土壌 : レス土
畑の標高 : 290~320m
畑の向き : 南、東、西向き
栽培面積 : 1.3ha
仕立て方法 : ギュイヨ式
品種 : グリューナー・ヴェルトリーナー100%
平均樹齢 : 5~20年
植樹密度 : 3,000本
収穫量 : 55hl/h
<醸造>
選果の場所 : 畑
マセレーションの有無 : なし
マセレーション期間 :
酵母の添加有無 : なし
醗酵容器 : ステンレスタンク 
アルコール醗酵期間 : 14日間
醗酵温度コントロールの有無 : あり
熟成容器 : ステンレスタンク
熟成期間 : 5ヵ月間
濾過 : あり
清澄 :  あり(ベントナイト使用)
当キュヴェの年間生産量 : 10,000本
【ワインまたは畑の名前の由来】:
トーニTONIは現当主のファーストネームであり、T:tasty(おいしい)、O: original(独自の)、 N:natural(自然の)、I:individual(個性的な)、の4つ単語にもかけられたネーミングです。セルナー醸造所の畑で独自に育てられた葡萄を用いて、自然酵母により醗酵しています。フレッシュでみずみずしく、軽やかでバランスの取れたグリューナー・ヴェルトリーナーです。

Pinot Noir unfiltriert 2018
ピノ・ノワール (ノンフィルター) 2018 
<畑名 Zeisleithen村>
土壌 : 砂混じりのレス土
畑の標高 : 320m
畑の向き : 南向き
栽培面積 : 0.3ha
仕立て方法 : ギュイヨ式
品種 : ピノ・ノワール
平均樹齢 : ~20年
植樹密度 : 3,000本
収穫量 : 30hl/h
<醸造>
選果の場所 : 畑
マセレーションの有無 : あり
マセレーション期間 : 14日間
酵母の添加有無 : あり、畑から採取した培養酵母
醗酵容器 :  木桶
アルコール醗酵期間 : 10日間
醗酵温度コントロールの有無 : なし
熟成容器 : オーク樽(1200L)          
熟成期間 : 2年間
濾過 : なし
清澄 :  なし
醗酵中の亜硫酸添加量 : 0mg/L
総亜硫酸量 : 55mg/L  
SO2添加のタイミングと量 : 二度目の醗酵後に30mg/Lとビン詰め前に25mg/L
当キュヴェの年間生産量 : 1,500本

Sold Out

Marie Petillant  2019
マリー・ペティヤン ペット・ナット 2019
品種:ローター・ヴェルトリーナー、ピノ・ノワール、リースリング、ムスカテラー
位置:標高300m前後
土壌:粘土質、砂質、レス土壌
アルコール発酵の最後のほうで瓶詰、そのまま発酵を継続して完全発酵。春にデゴルジュして密封。
Alc. 11.5%、残糖4.5g/L, 酸度5.2g/Lの辛口。CO2は4bar.
精妙なローター・ヴェルトリーナー60%、ピノ・ノワール10%の気品、リースリング25%の酸味、ムスカテラー5%のマスカット香をブレンド。マリーは醸造所で研修中のドイツ人女性。
 
 

ゼルナーとは

 
 

オーナー : Toni Söllner トーニ・ゼルナー、Daniela Vigne ダニエーラ・ヴィーニュ
地域 : Wagram ヴァーグラム
地区、村 : Gösing ゲージング
醸造責任者 : Toni Söllner トーニ・ゼルナー
栽培責任者 : Toni Söllner トーニ・ゼルナー
コンサルタント名 : なし
 

ドメーヌについて

ドメーヌ創業年 : 1900年
 ドメーヌ解説
歴史&造り手略歴 : ダニエーラ・ヴィーニュとトーニ・ゼルナーは1995年に
出合い、結婚してからワイン農民になることを決意しました。1989年から1995年
にかけてトーニ・ゼルナーはワインと果樹栽培の経験を積みました。醸造学校に
通っていた16歳の時に初めて葡萄を圧搾しました。職業訓練の一環として、他の醸造所や海外の醸造所を見学しました。
両親もワイン造りをしていた環境の元で育ったので、幼少の頃より自然は自身の心の中の深い所で結びついており、持続可能な農業を可能にする全ての事柄に強い関心を持ってきました。1995年にビオロジックの認定を取得することを決意したのは自然の流れでした。1997年からは有機栽培農業規約に従って耕作しており、現在は国家認定を受けた検査機関の指導を常時受けています。2004年からはビオディナミのプレパラートを使っています
哲学 : 私達は、生命力のある土壌だけが、魂、個性とエネルギーを備えた、本当に良質で健康に良いワインやその他の製品を育てることが出来ると考えています。ここ数年にわたり葡萄畑の耕作面積を増やして来ましたが、その際単調な葡萄畑の続く景観だけでなく、動植物の生育環境(ビオトープ)を整えることにも真摯に取り組んできました。農園の作物は動植物の生育環境の中の様々な植物や生物と共生しているという考えのもと、我々は全ての畑でビオディナミを実践しています。我々は後の世代の為、肥沃で生き生きとした土地を守ることに真摯に取り組んでいます。
 我々のワインは葡萄樹に育ち、セラーでは葡萄樹がもたらしたものを維持するにすぎないと考えています。セラーでの原則は出来るだけ技術で手を加えないということです。葡萄は家族と長年一緒に働いてきた作業者が、手作業で選別しながら収穫します。収穫後の葡萄はポンプを使わずに移動し、圧搾します。果粒は新しく導入した選別機で果梗や昆虫や傷んだ果粒を風圧で飛ばして除去します。マストはゆっくりと野生酵母でステンレスタンクか大樽、あるいは陶製のタンクで醗酵します。赤ワインは伝統的な開放桶で(ワインによっては味わいとアルコールを増すため少量の有機栽培による砂糖を加えて)醗酵し、昔ながらの手作業で下へ突いて攪拌し、香味と味をよりよく抽出します。醗酵後は味わいを良く調和させるために、澱もしくは澱引き後に残った微細な澱とともにワインを熟成し更に品質を向上させかすが、その期間はワインのタイプにより異なります。総亜硫酸量は最大100mg/ℓに抑え、ものによってはタンパク質の除去に粘土の一種であるベントナイトを用い、オーガニックのゼラチンとチョークを利用することもあります。様々な品種の葡萄は、ワインのタイプと葡萄畑にふさわしい個性的なワインとなるようにブレンドされます。醸造では時間という要素が重要な役割を果たします。我々は飲んで楽しく、体に良く、欠点がなく、魂と個性を持ったワイン造りを目指しています。 
 

畑について

栽培方法 : ビオディナミ
その栽培方法の開始時期 : 2004年
その栽培方法を適用している畑名 : 全ての畑 
栽培方法の将来的な展望 : ビオディナミを継続
 
認証機関 : ラコンLacon
土壌 : ゲーシング周辺の段丘にセルナー醸造所が所有する広く地続きとなっている各畑、ヘングストベルク、フムベルク、ベルク・アイゼンフート、ブリュンドルグラーベン、グザングとヒンメルライヒの合計約15haの葡萄畑があります。そこに白ワインの品種であるグリューナー・ヴェルトリーナー、ローター・ヴェルトリーナー、リースリングや赤ワインの品種であるブラウアー・ツヴァイゲルト、ザンクト・ラウレントと少数のカベルネ、それにいくつかの試験栽培品種を育てています。フンベルク、グザングとヒンメルライヒの段丘には厚さ数メートルのレス土に腐葉土が堆積しています。アイゼンフートの丘の段丘には赤い砂利にレス土と堆積粘土が混じります。赤ワイン用の葡萄樹は、粘土質に海砂が混じる砂利の多い粘土質土壌のフンベルクと、砂質の割合が高く石灰質を含むレス土のブリュンデルスグラーベンに植えられています。
微気候 : 葡萄畑の標高は海抜250~350mで、昼はパンノニア気候の影響下で暑くなり、夜は隣接するマンハーツベルク
の森林からの冷気の影響で寒くなります。
自社ブドウ畑面積 : 15ha
契約ブドウ畑面積 : 0ha
自社ブドウ畑の数 : 数について回答はなかったが、『8つの丘陵・斜面にまたがって畑が存在している』とのこと
自社栽培ブドウ品種 : 
(白品種) グリューナー・ヴェルトリーナー、ローター・ヴェルトリーナー、リースリング、ヴェルシュリースリング、ミュラートゥルガウ (赤品種) ツヴァイゲルト、サンクト・ラウレント
ブドウ以外の自社農作物 : 小麦、ライ麦、大麦、ひまわり、アルファルファ、シロツメクサ、果物
ブドウ畑以外の自社畑総面積 : 30ha
主な仕立て方法 : ギュイヨ式
仕立ての支柱の素材 : 所有している森から切り出したハリエンジュの木
仕立ての添え木の素材 : 金属
堆肥 : 羊・馬の糞とブドウの搾りかすから作った堆肥と、ビオディナミプレパラートを使用
 

醸造について

酵母のタイプ : 野生酵母 
圧搾方式 : 空気圧式プレス
醗酵容器の素材と容量 : 様々な容量のステンレスタンク、炻器製タンク、500L~9000Lの木樽
熟成容器の素材 : 様々な容量のステンレスタンク、炻器製タンク、500L~9000Lの木樽
セラー環境 : 醸造所を併設している家の敷地内地下にある
年間生産ボトル本数 : 約80,000本
 

 
Wine Shop WINEHOLIC

Wine Sop WINEHOLIC